生活習慣病の種類と対策

生活習慣病の種類と対策

かつて「成人病」と呼ばれていたものが「生活習慣病」と呼ばれるようになり、健康状態と生活習慣とが密着な関係にあることがわかってきました。また、食生活の偏りなどから、原因はわからないものの、心身の不調を感じているという人が増えています。以前は、加齢によって発症すると考えられていたので、成人病と呼ばれていました。しかし、この病気が発症するまでには食生活・喫煙・飲酒等、個人の日常の生活習慣に深く関わっていることがわかり、1996年12月、当時の厚生省、現・厚生労働省の「公衆衛生審議会」が成人病に代わって、生活習慣に着目した生活習慣病という概念を新たに導入したのです。

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」では、収縮期血圧が130(mm/Hg)未満で拡張期血圧が85未満を正常血圧としています。また、収縮期血圧が140以上拡張期血圧が90以上を高血圧としています。生活習慣病の代表的なもので、成人の3人の1人、高齢者では2人に1人が発症しているといわれています。原因は、遺伝的要素・塩分の強い食事・喫煙・飲酒・不規則な生活が、加わって起こります。高血圧が続くと心臓に負担がかかり、血管壁が厚くなって動脈硬化を引き起こします。その結果、心不全・腎臓病・脳梗塞を起こしやすくなります。血圧が高くなっていても気づかない事が多く、ある日突然、心筋梗塞や腎不全をおこす危険性が あり「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」といわれています。

対策
ビタミン・ミネラルの摂取
食塩は一日に6g以内
DHA・EPAの摂取
カリウムの摂取
更に、腹八分目を心掛け、運動も大切です。
高脂血症

血液中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)等のいずれか、または両方が過剰な状態です。食べ過ぎ・肥満・運動不足が主な原因ですが、閉経後の女性も女性ホルモンが減るとともに高脂血症になりがちです。閉経後には女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少してきます。エストロゲンは、血液中の脂質を正常に保つ働きがあり、このホルモンが減少してくるとLDLコレステロールが増えて動脈硬化へと発展していきます。

対策
運動
食事ではカロリーやコレステロールを摂り過ぎない。
禁煙
EPA DHAの摂取
糖尿病

糖尿病とは、インスリンというホルモンと密接な関係にあります。インスリンとは、血液中のブドウ糖(血糖)を細胞がエネルギーとして利用されるときに働きます。その他にタンパク質の合成・中性脂肪の形成・貯蓄を促進するもので、生命の維持には不可欠なものです。発症の原因は、遺伝1型でインシュリン分泌量はほとんどありません。2型は中高年に発症する事が多く全体の大多数を占めています。発症因子として過食・偏食・運動不足・ストレスなどの影響があります。初期段階では、自覚症状がないまま進行することが多いといわれています。

対策
規則正しい食事をし、晩ご飯は就寝の3,4時間前には済ませる
タンパク質は魚介類・豆腐・納豆から摂取し、肉は控える
お酒・ジュース・ケーキ類は食べない
食物繊維、ミネラル、ビタミンを豊富に摂る
糖分は、主に米やイモ類から摂取
空腹時には、寒天や温野菜など低カロリーのもので補う

一日の運動時間は、15分以上が望ましく20〜30分で疲れない程度が良いでしょう。ウォーキングは手軽にできるのでおすすめです。運動は、血糖値が上がり始める食後30〜40分に始めると血糖低下作用がよく働きます。食事療法や運動療法を行っても血糖値のコントロールができない場合は、医師の指示のもと、薬物療法が必要になります。

脳血管疾患

脳血管疾患は、「ガン」「心疾患」に次いで日本人の死亡原因の第3位です。原因は、脳の血管が詰まったり破れたりして起こります。代表的な疾患「脳梗塞」と「脳出血」です。危険因子としてあげらるのは、「高血圧」「高脂血症」「ガン」です。脳血管疾患は、場合によっては障害が残りやすい病気です。半身麻痺・言語障害・意識障害など血中のコレステロールの増加や中性脂肪の増加も、血液の流れを妨げる危険因子となるので注意が必要です。予兆として、頭痛・吐き気・手足のしびれ・めまい・喋りづらいなどの症状があります。そのような症状が出た場合、早めに医師の診断を受けてください。

対策
血中コレステロールや中性脂肪が高めの人は、食生活の見直しをする
炭水化物 糖分 脂肪の過剰摂取を避ける
血圧が高めの人は温度差に注意する
血液をさらさらにする心掛け
コレステロールを除去してくれる食物繊維の摂取を心掛ける
血管の弾力性を持たせるために、EPAやDHAを積極的に摂取する
心疾患

心疾患は、日本人の死亡原因の第2位です。狭心症や心筋梗塞は、皆さんもよくご存知でしょう。普段の動作より激しく動く、走る・階段を上るなど心臓にいつもよりも負担がかかった時に、胸に痛みを感じますが、血流が戻れば痛みも治まるのが狭心症の特徴です。心臓に血液を送り込んでいる、重要な血管が冠状動脈です。この冠状動脈が心筋へ酸素や栄養を運んでいますが、動脈硬化によって詰まってしまうと酸素や栄養分の供給が途絶えてしまいます。胸が締め付けられるような痛みがあるのが、心筋梗塞の特徴です。

対策
狭心症も心筋梗塞も、動脈硬化が原因ですので動脈硬化の予防そのものが心疾患予防になります
動脈硬化

動脈は圧力の高い血液の流れを絶えず受けています。ですから、元々は弾力のあるものですが、高血圧の状態が続いている人の血管は、常に張りつめた状態にあるので破れやすくなっています。また、動脈壁の中に弾力のない繊維が増えると硬くなります。動脈内壁が厚くなり、狭くなった動脈は血流が悪くなります。特に動脈硬化がおこりやすい場所として、脳動脈・頚動脈・冠状動脈・腎動脈・大腿動脈などがあります。

対策
ビタミンE ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 DHA EPA マグネシウム カルシウムの摂取

日本での死亡原因第1位はガンです。
がん細胞は、体外から侵入してきたものではなく、元は自分の体の一部であった細胞が何らかの理由で遺伝子に傷がつき、異常な細胞になって発生します。発生すると、増殖して周囲の細胞を圧迫したり、破壊したりします。遺伝子を傷つける危険因子として、食生活が約35%、タバコが約30%、アルコール、塩分、タンパク質や脂肪の摂り過ぎ、また近年話題になっている紫外線も外部からの遺伝子に傷をつける原因になっています。

対策
上記の原因となるものは、控える
基本となるビタミン・ミネラルをしっかり摂取する
細胞の酸化を防ぐ抗酸化物質を積極的に摂り抗酸化力を高める
腸内環境を整える食物繊維・乳酸菌を摂取する
紫外線を防ぐ(活性酸素が大量発生し、細胞が酸化するため)
モバイルサイト
モバイルサイト QRコード 携帯電話からのお買物は
こちらから。
モバイルサイト
ご注文後、入金確認後3営業日以内、代金引換の場合も3営業日以内に発送致します。ただし品切れの場合は発送が遅れることがございますので、その旨ご連絡いたします。
なお、土日祝日は定休日ですのでお問合せメール・FAXご注文の確認は、翌営業日の午前9時以降になります。ご了承くださいませ。

ページトップへ戻る

ショッピングガイド

Beauty Pro.com ビューティープロドットコム